SSブログ

メゾン・ポール・ボギュースへ [グルメ]

体調をくずし、食欲もなく、ブログもお休みしてました。やっと元気がもどってきたようです。
元気とはゲンキンなものですね、急に食欲が出てきました。


パイ包み料理が食べたくて、渋谷区猿楽町にあるメゾン・ポール・ボギュースに。
こちらで人気のメニュー、トリュフのスープは美味しいパイが蓋になっている。
もう一つ、スズキのパイ包みは一匹のスズキがパイで覆われて焼きあがってくる。
どちらも素晴らしい、きょうはスズキのパイ包みに期待して・・・・
b181.jpgb84.jpgb187.jpg
素晴らしい手さばきでパイで包まれたスズキをサービスしてくださるシエフソムリエの氏家さん
b167.jpgb176.jpg
真いわしのタルティーヌ、ブランソース

b 1.jpg
鴨胸肉のムース ジュレ仕立て サラダ添え

b194.jpg
ほろほろ鳥の赤ワイン煮込み 季節の野菜添え

b205.jpg
デザート エピスの香るマロンのタルト モンブラン仕立て
b202.jpg
洋梨のコンポートのクープ キヤラメルの香り
bb190.jpgb211.jpgb218.jpgb217.jpg
にこやかにサービスしてくださるギヤルソンのみなさま
10年以上も前、世界を代表する料理人ポール・ボキューズさんの
フランス料理をいただきたくて、リヨンの郊外、コロンジュ・モン・ドール村
にある、レストラン「ポール・ボキューズ」を訪れたときのこと、、
食事が始まる前ポール・ボギュース氏がテーブルにいらして、
にこやかに歓迎のことばをかけてくださり、私たちの話に耳をかたむける
時の笑顔に、三ツ星を44年もとり続けている貫禄の中に、
あたたかいお人柄が感じられ、これから始まる世界最高のディナーへの
期待がますます高まったときの記憶がよみがえってきました。
この日のスープはもちろん、あの香り高きトリュフのスープをいただきました。
b 2のコピー.jpg

錦秋十月大歌舞伎 [趣味]

2日が初日・錦秋十月大歌舞伎へ、今、歌舞伎座は改築中で新しい歌舞伎座が
出来上がるまでは、新橋演舞場で公演がおこなわれています。
この劇場で歌舞伎を観るのは初めてで、建物正面も歌舞伎座とは趣きがちがいます。
b117.jpg
b26.jpg

幕が上がると写真撮影は出来ないので
開幕前の場内を一階から二階をぐるりと、ロビーを散歩してみました。
場内は歌舞伎座とよく似ているつくりですが、すこし小さく感じます。
一番贅沢なお席、桟敷席です。
b7129.jpg
役者さんが登場する花道です。
b7131.jpg
歌舞伎見物には和服姿の美しい女性が多いいですね。
b7133.jpgb7143.jpg
芝居が始まるまで老舗のお菓子や、小物の売店が賑わっています。
b122.jpgb7136.jpgPA027124.jpg
休憩時間にはこの座席でお弁当をいただくのも楽しみのひとつです。
b7147.jpg
隣にある老舗の芝居茶屋「金田中」
PA027119.jpg
昔は芝居の休憩時間や芝居が終わってのお食事処であったが、今は高級料亭に・・・・


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます