So-net無料ブログ作成

中国飯店・富麗華 [グルメ]

東京では久しぶりに行った中国料理店。麻布十番にあるが、六本木に30年
の歴史をもつ店の姉妹店。最近、上海の旅でいくつか各地の料理を味わったが、
ここのお料理は、形は素朴だが、お味は繊細で深い。
東京のミシュランでは、一つ星。
ランチコース・6000円で品数も豊富、料理は大皿で紹介されあと、
奥で一人分ずつに取り分けられてテーブルに運ばれてくる。
店内は中国の骨董品と現代的な装飾品が飾られ、中国装飾の木彫りの衝立が
シックな雰囲気を出している。食器は白を基調にすっきりとしたデザインで
黒檀の箸。モダンとクラッシックがコンセプトなのかなと思わせる雰囲気。
食事中には、中国の古典楽器「二胡・琴」がずっと演奏され、その
音色を聴きながら食事が楽しめる素敵なお店でした。

fureika2.jpgfureika3.jpg
日本のお琴より弦の数が多いのにびっくり
fureika4.jpgfureika1.jpg
素朴なお料理たち、前菜・たっぷり肉汁の上海名物小龍包と・・・北京ダック・・ 
fureika5.jpgfureika9.jpgfureika8.jpg
fureika6.jpg
fureika7.jpgfureika10.jpg
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 2

citron

中国の古典楽器の音色は綺麗なんでしょうね?
お料理はもちろん美味しそうですがこんな雰囲気の
中でいただけるのもいいですね。
by citron (2010-01-20 20:39) 

k-meg

xml_xslさん、manamanaさん、niceありがとうございます。
citronさん、nice・コメントありがとうございます。
古典楽器は中国と日本の曲をお食事の時間中、静かで綺麗な音色を
奏でいてくれましたよ。
by k-meg (2010-01-21 23:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます